立ち上がれ、おとうサラリーマン!

ブログ名を変更しました。健全なリピードを開放しながら家族を率い世間の荒波に立ち向かうおとうさんを応援したいと思います!!

スシローの予約システムが超絶使いやすい!

 

この週末は2日ともお出かけでした

遊びに出ると帰りに回転寿司に
行くことが多いのですが週末は
たいてい混んでいるので、
店選びに困ります。


そこでこれまでは事前予約のできる
くら寿司を多用していました。

たまたま見つけたスシローの
予約アプリがめちゃくちゃ使いやすかったので
共有したいと思います。


回転寿司によく行く方は是非チェックください

  1. アプリをダウンロード
  2. アプリトップメニュー
  3. 使い方
  4. まとめ 

 

1.アプリをダウンロード

アプリはiphone android両方あります。

スシロー

スシロー

 スシロー - Google Play の Android アプリ

私はアンドロイドアプリを使用しています。

appleの方が点数が低いので、
androidの方が使いやすいのかもしれません。

google map の時も同じように
感じた記憶があります。

2.アプリのトップメニュー

こちらがトップメニューです。

f:id:plus1state:20150308193026p:plain

 中身は
 >各店舗の待ち情報
 (近隣店舗が自動で表示)

 >チケット発券
  (店頭と同様にアプリでできる)

 >予約
  (一般的な予約と同様。情報登録が必要)

 >予約済みの順番のチェックなど
  (予約や発券情報をここから確認)

その時期のキャンペーン広告が出てくるのもよいですね。

3.使い方

使い方はいくつかありますが、
今回使用した【発券→来店】の流れを

メインで説明します。

ちなみにこの時は遠出していたので、

地元でよく使う店舗は対象外でした。

まず上記メニューから店舗の待ち状況を選びます。

 

f:id:plus1state:20150308195914p:plain

すると近隣の店舗と距離、
待ち時間が一気に表示されます。


これだけでもすごいですよね?
でここからお店を選ぶと
 A.今から行く(チケットを発券)
 B.後で行く(予約する)
を選択できるようになります。

f:id:plus1state:20150308193027p:plain


私はチケットを発券しました。

そのまま地図を表示のボタンを
クリックするとgoogle mapが窓で表示され、

f:id:plus1state:20150308193029p:plain

しかも、そのまま経路表示にまでいってしまいます。

f:id:plus1state:20150308193030p:plain

私はカーナビをつけておらず
(車自体使うことが少ないから)

携帯をカーナビ代わりに使って
いるので、本当に便利でした。


大体待ち時間が10分くらいだったので、
車で移動してお店に入り
画面上に出る
チケットを見せるとすぐに席に通されました。


これ実はトップメニューから
スマホで発券・予約を選んでも

ほぼ同様の画面になります。

この辺にはある種意図を感じますね。

4.まとめ

ここまでシームレスに連動されると、
カーナビはほぼいらなくなると思いました。

appleやgoolgeが車を作るのも
こんなイメージの延長線上なのでしょうね。

そしてなによりスシローの取り組みが素晴らしいです。
今回すごいなと思ったの何よりも発券システム
は近隣の店舗のみに絞っていることです。

時間であったり、アクセスであったり要素は
いろいろあると思いますが、
好調なスシローも顧客の偏りは
あると思うんです。

強制的に割引券などで
それを改善することはできる
かもしれませんが、
しょせん付け焼刃です。

しかしこの仕組みならば、近隣の待ち時間が
少ない店舗(それも車で10分前後くらいの距離)
を表示することで利便性の向上という
打ち出し方の範囲内で
顧客の誘導が可能になります。

結果、浮遊客を効果的に
その時点で来店の少ない店舗に誘導し、
顧客の方よりを改善することができます。

結果、店舗の稼働率があがるという仕組みですね。


一般的なこれらのアプリは押し売りのような
「近くの店舗を案内して便利でしょ?」
というだけの印象のものですが、
ここまで使い勝手がよいものにすることで、
顧客満足度も高めることに成功していると思います。


直営で全国に店舗を構えている
スシローだからこそできるというところでしょうか。

他社が安易にアプリをリリースする中、
ここまで作りこむまで待った(はず)という姿勢も
学びたいですね。

もちろん誘導した先で
客を満足させられないのでは意味がないですが。

店舗への誘導アプリのお手本のような
素晴らしい経験をさせてもらいました!

みなさんも是非体験してみてください。

ではでは