立ち上がれ、おとうサラリーマン!

ブログ名を変更しました。健全なリピードを開放しながら家族を率い世間の荒波に立ち向かうおとうさんを応援したいと思います!!

レゴショップの勧め@三井アウトレットパーク滋賀竜王

週末は家内の実家に1泊で日帰りし、
家族孝行してまいりました。

その実家の近くに三井アウトレットパーク滋賀竜王という
なんとも強そうなアウトレットがあります。
三井アウトレットパーク 滋賀竜王[MOP]


中身は至って普通のアウトレットなのですが、
今回ここで見つけた驚き(個人的に)のガジェット?をご紹介します。

目次<<

  1. レゴのお店は子供連れには超助かる

  2. 販促用ARに驚愕(今回はここがメイン)

    (おまけ)マインクラフトのレゴがあったよ

 

1.レゴのお店は子供連れには超助かる

お子さんがおられる方々は、
アウトレットって子供がどのくらいの年から
通えるようになりました? 

うちは上が4歳くらいまで満足に行ったことが無かったような気がします。
とにかく元気な我が家のお子様はどこに走っていくのかわからないので、
疲れてしまって、どうにもならなくなるんですね。

まあ、幸い夫婦ともに物欲が少ないので(←?)
百貨店やそういった場所に行かなくても支障はなかったのですが、
子供も落ち着いてきて、最近顔を出すことが増えたように思います。

それでもゆっくり見ようと思うと少し大変ですよね?
しかも今回は家内に少し気晴らしをしてもらおうというテーマが。
(来週から飲み会が増えそうなので、今のうちに・・・というのは内緒)

そんな時はレゴのショップ!
実際にレゴを使って、遊べるスペースやレゴアニメが流れっぱなしのコーナー
優しいお姉さんに入り口は一つだけ!

つまり
ひとつの入り口さえ見張っておけばOK
というとてもとても助かる場所なんです。

先日も二人の子供を店に入れたら、私は入口付近で待機してそこからの
逃亡だけを防げばよいという場所なわけです。

ここまで書いて、写真を取り忘れたのは痛恨ですが、今回はここはメインでは
無いので割愛します。

でもレゴのお店はよい!!ということだけは覚えておいてください。
男女ともに商品があるので、助かります!

 

2.販促用ARに驚愕(今回はここがメイン)


さて、今回のメインはこちらAR(拡張現実)です。
Wikiでは「人が知覚する現実環境をコンピューターにより拡張する技術」
と説明されています。


いっとき、よく経済系のニュースなどに出ていましたよね?
私も下記のようなものは見たことがったのですが、
正直いまいちピンと来ていませんでした。
どう活用するのか、価値があるのかと。


AR(拡張現実)技術 - YouTube

こんなの、あかんやろと思いますし。


Tangible Augmented Reality action figure ――【初音ミク】触って動 ...


ところが今回こんなものを見つけたんです。

f:id:plus1state:20150125231440j:plain

まんま、レゴのパンフレットなのですが、注目は飛び出すカタログってところ。

これ実はAR(拡張現実)技術が使われていて、
黄色いアイコン(下記写真左上)が張られているページに
レゴのアプリを使って読み込むと
f:id:plus1state:20150125231537j:plain

 

出てくる・・・

f:id:plus1state:20150125231750j:plain

 

出てくる・・・

f:id:plus1state:20150125231855j:plain


しかも動いて3D!裏から見てもレゴ!!

f:id:plus1state:20150125231937j:plain

これ動いているんですよ。
めっちゃビックリしましたよ。そりゃ。

f:id:plus1state:20150125232024j:plain

こんなんとか、すごいでしょ?


家帰ってきて、これ見せたら子供らきゃーきゃー言って。
しかもね。

こんだけしっかり作りこみしているのに、
そんなの全然たいしたことないって感じで、HP上でも
宣伝なんかしていないの。

ホーム - LEGO.com


それどころか他にももっと無料コンテンツがあって。

ゲーム - City LEGO.com


そして、そして。
驚愕なのはこれですよ。

f:id:plus1state:20150125232645j:plain

スターウォーズ

こいつらも動くんですよ~
これ見て、買いに行こうかと思いましたよ。父の方が。

これ好きな人にはたまらないでしょうね。
ただ単に商品があるだけなら、いまいちだと思うんですが、
こういった形で動かれたら・・・

だって

f:id:plus1state:20150125232812j:plain

ストームトルーパーが降下してくるんですよ!!!!

終いにゃ

f:id:plus1state:20150125232856j:plain

スターデストロイヤー!!!でかい!!

底力を感じたとかそういうレベルではなくて、圧倒的でしたよ。
ホントに。


マーケティング的には親に買わせるために子供に訴えかけるというのは
よく聞く話ですが、これはそういったベクトルではなく、
子供も親も場合によってはおじいちゃん・おばあちゃんまで
全ての人にレゴの顧客対象と捉えて、どうやったら楽しんでもらえるか
ということを追及しているような気がします。

レゴという歴史のある商材のため、
そもそも親も過去に使っていた可能性がある
ということもありますしね。

とにかくこれからは全てがエンターテインメント化していくということは
どこでも叫ばれている中で、具体的かつ現実的なその交差点のような気がした
ので、これはとても参考になると思います。

サービス業やトイ関係の人だけでなく、ビジネスマンなら学ぶところ満載なので、
ぜひ一度試してみてください。マジでよいです。

この本もしっかり読んでみます。




一応動画は張っておきますが、これは体感した方がいいです。タダですし。


【レゴ®】レゴ製品カタログ2015がスゴイ件 - YouTube


【LEGO】とびだすカタログ どーんっとね〜o(^^)o - YouTube

 

いかがでしたでしょうか。
今回はよく拝見しているブログを参考にさせて頂き、目次をつけてみました。
読みやすかったですか?

↓こちらです。とても役に立つのでおススメ!
ノマド的節約術 - 支出を減らし、貯金を増やすテクニック紹介ブログ


レゴに関しては、奇跡の復活を遂げたというウェブ上の記事や
書籍を目にしていたので、気にはなっていたのですが、
この勢いには正直びっくりしました。

スマホ上のゲームアプリなども、どう考えても無料のクオリティではないものを
ドンドン発表しているんですね。

いずれこちらも報告したいと思います。

(おまけ)マインクラフトのレゴがあったよ
あ、あと有名なMinecraftというゲームのキャラや建物をレゴにしているようです。
これどうもとても人気らしいのですが、当日このお店には在庫があったようで、
二組のカップルがギャーギャー騒いでました。
いわく
女「マインクラフトのレゴあるみたいよ!」
男「あほ、日本にあるはずないって」
女「それがあったの!」
男「マジ?うぉ!ホンマや!!!!買おうぜ!!!」
で、結局小分けの袋に入った商品を外から触って当てて買おうとして
1時間近くその場所を占有しておりました。

大人げないっちゃ大人げないですが、
レゴの魅力にみんな子どもに戻っているということでしょう!!!

もしお好きな方はとりあえず竜王のアウトレットにはありましたよということで。

ではでは。