立ち上がれ、おとうサラリーマン!

ブログ名を変更しました。健全なリピードを開放しながら家族を率い世間の荒波に立ち向かうおとうさんを応援したいと思います!!

本を買ってみた「心屋仁之助の 「非常識」でコミュニケーションはラクになる」

最近、新しい書籍を購入することは控えています。

理由は簡単で、”そろそろアウトプットの時期やろ?”と自分でも感じているからです。

社会人になってから、今まで平均して、
最低でも月に2万~3万くらいは書籍につぎ込んできました。

コンサルっていう仕事はハッタリ8割で、
お客様のところに行ってわからないことがあれば、
したり顔でうなずいておきながら次来るまでに調べてくる。

で、わかったような顔をして提案をする、
と教えられたというのもあるし、そもそも私は大学で勉強していたのが、
建築学ということもあり、ビジネスの知識に飢えていたとも言えるし、
いやいやオフィスがあったビルの中にジュンク堂が入っていたから、
さぼり半分で本屋をぶらぶらしていたというのもあります。

ホントのところは、書籍を買うというそれだけでは何の意味もないことで、
自分の自信のない部分を補完していたのだろうなあと思います。
これ学生時代からなんですけどね。

それでもある時、わからないことはわからないと聞いた方が
手っ取り早いし、気持ちもよいと気付くことができたんで
(それでもお客様のところでわからないことを聞くのは勇気がいりますよね)
本当に必要な本だけ買うように変わっていって、今は本当に読みたいと
思えるものだけ買うことにして、あとは図書館で調達しています。

新卒向けのサイトなどを見ると、月に2万程度は自己投資!みたいな意見が
まだまだ幅を利かせていると思いますが、
知り合いの超大手のブランドマネージャーで月の半分はシンガポールに出張
しているというやり手の方も、奥様のご指導により書籍購入はほぼ禁止という
事でしたので、実質的に問題はないのでは?などと感じております。

さて、表題の心屋さんの書籍ですが、本日セミナーに参加した後に
立ち寄った本屋さんで立ち読みして、即購入しました。

ホントはもう一冊興味がある本があったので、そちらもと思いましたが、
まずは必要なものだけ、読みたいものだけということでこちらだけに。


で、心屋さん自体は多くの方がご存じだろうと思いますし、
むしろ私は別の方をコーチング・カウンセラーとしての師匠と仰いでいるので、
あまり興味がありませんでした。

でも読んでみると、タイトルにもある通り非常識であることを是とすることが
つらつらと書かれていて、かつ漫画なので大変読みやすく、
最近難しい本を読んでいた私としては大変心地よかったわけです。


内容もとても面白かったので、ぜひご一読ください。
漫画なので、内容を説明しても、なかなか雰囲気が伝わりませんが、
ひとつだけ。

p51~
”褒める力”が欲しいならば、まず”褒められ力”を鍛える

自分のことを褒められる人は、他人のことを褒めようと思って、褒めるんじゃなくて
「うっかり」褒めちゃうようになっちゃうんです

そういう自分の良さをまず認めてあげる簡単な方法があるんです。それは

人に褒められた時に「そうでしょ!」って言うこと

 

営業マンからの相談という体で、顧客対応時に自然に相手を褒めて気持ち良くすることができないという相談でした。そこで心屋さんから語られるのが上記の話です。

自分が褒められるということを受け入れている人は、
自分のいいところを認めること・目に止めることができて、
結果他人のいいところにも目を止めることができる。
だから”うっかり”褒めてしまうと。

あ~それはいい!と直感的に思いました。

自分を認められない人は、他人も認められないということは
青臭いポップミュージックでもヘビーローテーションになるくらいに
よく使われるキーワードで、それ自体は使い古されていると思うんですね。

むしろ知りたいのは、その先にある

じゃあ、どうしたらいいの?

だと思います。


ここにバシッと答えられる人あまりいないと思うんですね。
これに答えるワークとして上記の「そうでしょ」があるわけです。

私がやっているコーチングはこういった形で、具体的な方法を
直接提案するということよりも、本人と一緒に気づくということを
優先します。その方が持続性やホントのパワーになるので。

ただ、一方で私がやってきたコンサルはある程度ではありますが、
提案をしっかりとしていくわけです。

これはどちらが正しいということではなく、アプローチの違いなので、
コーチングを身に着けていた当初はスタンスの違いに迷ったことも
有りますが、今ではこう考えています。

両方持てる俺って素敵!(←早速実践W)

答えがあるわけではないですし、大事なのは目の前にいるクライアントが
自分の判断で一歩でも二歩でも前に進めているという実感が持てることなので。
自己効力感と言いますが、これが大事だと思います。
3日坊主でも100回やれば300日というのが私のスタンスなので。


少し話がそれましたが、この本とてもおススメです。
簡単に読めるし、内容的には内省を促されますので、漫画として落とし込まれている
以上の効果があると思います。

対人関係で必要以上に悩んでいるのでは?などと感じたことがある方や、
もっと気楽に生きたいなと思われている方は、ぜひご一読ください!!

あ、コーチングも負けず劣らず良いので、興味があればぜひ!!(笑)
宣伝でした。


ではでは~